債務整理後のローン申込み

ジャッジガベル

一定期間経過で借りれる

借金問題を弁護士に依頼すると、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求のいずれかの方法で債務整理を行います。弁護士に依頼をすると、後は和解が成立するまで待つだけなので書類作成や裁判所への出廷、債権者との交渉も弁護士すべてお任せすることができます。では、弁護士に債務整理を依頼した借金の返済が楽になった後、もう借金などするものかと思っても人生で車や住宅など大きい買い物をすることはあります。そうなると自己資金だけでは難しいですから、ほとんどの方が住宅ローンなど借金をして申し込みます。その際にローンが組めるかどうか気になるところですが、結論から言えば債務整理をすると5年から10年はローンを組むことができなくなります。ただし、その一定期間が経過すればローンを組むことができます。債務整理をすると信用情報機関に事故情報が登録されます。任意整理で5年から10年、個人再生と自己破産は、7年〜10年登録されます。ローン審査では信用情報調査を行うので、金事故が判明すれば即審査落ちです。ただし、信用情報調査はあくまで参考ですので絶対に事故があるから借りれないというわけでもないです。銀行や大手消費者金融はまず無理ですが、金融事故があってもその事情によっては中堅消費者金融や中小信販会社で融資をするというところも少なからず存在します。特に注意しなければならないのは、ブラックリストでも貸しますという業者で、闇金の可能性もありますので利用には気を付けることです。

Copyright© 2018 弁護士に相談するメリットとは【借金問題を法的に解決】 All Rights Reserved.