面談なしで債務整理

弁護士バッジ

個別面談は必須

弁護士に借金の相談をしたいが、仕事が忙しいくて訪問する機会がない、また借金をしていることバレたくないのでなるべくなら会わずに相談できる方法はないか、弁護士事務所によっては面談なしでも債務整理の手続きを行ってくれるところはあります。電話やメールのやり取りだけで手続きを行う、弁護士にしても依頼者にしても一見効率のよいように思えます。しかし、日弁連での規定では債務整理を行う際に弁護士の個人面談を行うのが必須と規定であります。ただ、法律で決められているわけではありませんので絶対しなければならないものでもないのです。では、個別面談をせずに借金の手続きをしてしまうとどうなってしまうのか、考えられるリスクとしては、手続きについて十分な説明が受けられない、高額な弁護士費用を請求されるリスクがあるということです。過払い金返還ブームの時には、業務の効率化を図るためにメールや電話のみで対応する事務所が一部あったのです。そのため必ず弁護士との個別面談は必須です。遠隔地で行くことができない方は、ご自宅に出張訪問をしてもらうこともできます。ただし、家族に借金のことを内緒にしているため自宅はどうしてもダメという方は、別の場所を指定して面談をするといった方法もあります。ただし、債務整理の面談が必要なのは実際に受任するまでです。和解するまでは弁護士がすべて交渉や手続きを行いますので、和解成立したら内容の説明で面談をするくらいです。

Copyright© 2018 弁護士に相談するメリットとは【借金問題を法的に解決】 All Rights Reserved.