債務整理の手続き依頼

男女

司法書士は140万円以下

借金問題を相談する際に、債務整理の手続き依頼は弁護士または司法書士に依頼することができます。どちらに依頼すればと悩む人も多いですが、費用だけ考えれば司法書士の方が弁護士よりも安い費用で手続きを行ってくれます。しかし、おすすめなのは弁護士の方です。安さだけで選ぶと司法書士ですが、それでは弁護士に依頼するのと何が違うのか、それは取り扱いできる債権の金額に違いがあります。弁護士は取り扱える金額に上限はないです。例えば、司法書士に借金の相談をして債務整理の手続きをするとなった場合に、140万円以上の借金となった、そして過払い金が140万円以上となっている、そういった場合に対応ができなくなります。この場合、司法書士は辞任をしなければならず、相談者は新たに弁護士を探さなければならなくなるので余計に費用がかかってしまいます。過払い金などは相談時点でいくらになるか分かりませんが、手続きを進めていく中で額が分かってきます。そうなると途中から取り扱えないとなってしまいます。それだけでなく、司法書士は任意整理のみ裁判所での代理人となることができます。そこで司法書士に相談をしたが任意整理ではどうしても借金問題を解決することが難しいとなった場合、個人再生や自己破産を検討することになります。司法書士は書類の作成まで手伝ってくれますが、裁判所への出廷などは債務者自身が行わなければならないのです。司法書士は制約が多いので、最初から弁護士に依頼した方が効率的です。

Copyright© 2018 弁護士に相談するメリットとは【借金問題を法的に解決】 All Rights Reserved.