ジャッジガベル

債務整理後のローン申込み

借金の悩みは弁護士に相談をすることで、任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求などの手段で解決することができます。しかし、債務整理を行うとブラックリストとなり一定期間借り入れが難しくなります。期間経過後は信用情報が削除されるのでローンを組むことも可能です。

専門家に相談するメリット

天秤

受任通知の効果とは

消費者金融から毎日のように借金取立の電話がきて精神的に追い詰められている、返済をしなければならないことは分かっているが、複数社から借入れをしており中々難しい、そういった時に頼りになるのが弁護士です。弁護士は、家族間でありがちな相続問題から離婚問題などを扱っていて、厄介な問題を解決させていくプロです。そのため、福岡だけでも多くの方が身の回りで起きている困った問題を相談しています。また、相続問題等の他に借金問題を法的に解決する債務整理も依頼することができます。債務整理を弁護士に相談をするメリットは、法律事務所に相談に行き手続きをすると即日で督促の電話や取り立て、督促状が届くのをストップさせることができます。弁護士は債務者から相談され正式に債務整理の受任をすると、受任通知または介入通知と呼ばれる書類を各債権者に郵送します。至急止める場合はFAXで送ります。債権者と債務者の間に弁護士にが介入したことによって代理人となりましたので、債権者である各金融業者は直接債務者に対して借金取立を行うことができなくなります。今後債務者本人に対して伝えたいことや交渉したいことがあれば、弁護士を介して行わなければならなくなります。借金取立は精神的なプレッシャーにもなりますしストレスも貯まっていってしまいます。取立が止まるので精神的にも解放されます。債務整理の手続きは、任意整理などであれば個人でも債権者と交渉できます。しかし、個人での交渉だと督促が止まるというわけではないのです。弁護士であれば督促ストップだけでなく、手続きに関する書類は基本的に弁護士側がすべて作成してくれるので知識がなくても借金の減額をすることができます。

相談

返済トラブル解決法

もしも返済が難しくなってしまった借金があるなら、まずはお金の問題の専門家である弁護士に相談しましょう。無料相談をしてくれる弁護士事務所は沢山あります。ただし借金問題解決の主体は自分自身ですので、その自覚は忘れてはなりません。専門家の助力の元、頑張って速やかに問題を解決しましょう。

弁護士

依頼する事務所の選び方

借金問題を弁護士に相談する場合、全国対応の事務所に依頼するのがおすすめです。相談件数も多いため、それだけ債務整理の経験やノウハウも蓄積されていることから、手続きや交渉もスムーズに進みます。また24時間対応していていつでも相談できます。

男女

債務整理の手続き依頼

借金問題を相談する際に、弁護士または司法書士に依頼することができます。しかし、司法書士は140万円以下の借金や過払い金しか取り扱うことができないので、手続きを進める中で140万円以上になると分かった場合に辞任されてしまいます。最初から弁護士に依頼した方が効率的です。

弁護士バッジ

面談なしで債務整理

借金の悩みを弁護士に相談する場合、面談は必須です。中には、メールや電話のみで対応する事務所も一部ありますが、面談をしないと十分な説明を受けられない料金形態がよく分からないので高額な請求をされることがあるといったリスクがあるので、面談は必須です。

Copyright© 2018 弁護士に相談するメリットとは【借金問題を法的に解決】 All Rights Reserved.